2019年9月11日 (水)

気が付けば季節は秋に

しばらくアップしていなかった『がむしゃら日記』、久しぶりにページを開けてみれば、直近では5月のアップ、それから4カ月が経っていました、毎日の多忙スケジュールは変わりなく、大きなリフォーム現場は、予定通りに完了させることが出来、4カ月の長丁場も遅延なく終わらせ、着工4カ月前に、お客様にお渡しした工程表がピッタリと狂いなく治まり、自分自身に感心している心境でした、現在市内を中心に7ヵ所の現場も順調に進行させている中、今年春先より声掛けを受けておりました市内の新築現場も、工期の難しさ(家相によるプラン企画の緻密性、建設予定地の農地転用許可取、既存建物解体、敷地造成と)工期的に猶予の無い苦難の連続に、年内の完成を条件に日々戦っておりました、そんな中にも、新規でもった大規模改修や、水周りを中心としたリフォーム、さらに年末から着手の新築現場、来春着手の大規模リフォームと息つく暇もないような、日々の様子に、人生の鍛錬と思い臨んでいました、同業の社長、専務などとも在って、仕事の話を交えますが、状況は同じようで、消費税増税の影響も有るような感じです、しばらく自分との戦いは続ききそうですが、気持ちが折れないよう葛藤して参ります、とにかく、がむしゃらに人生を生き抜いていく心境ですcoldsweats01

フォトアルバム

カテゴリ

古川モダン住宅

  • 20110224_21
    市内に新築進行中のデザイナーズモダン住宅、白とシルバーの構成でワンポイントに木のアクセントを構成、完全自社設計・施工にて進めております、建築家が奏でるデザインを取り入れ、匠の技とのコラボで演出した建物、昨今のトレンドである片流れに太陽光発電(9.98Kw)搭載し、フロアーヒーティングにはヒートポンプを仕様、建物構造はエアサイクルCOM21の長期優良住宅Ⅱ地域仕様で光熱費ゼロを可能、また、気になる居住空間はダークブラウンとホワイトの基本構成に普段は目に掛かれない、海外流通の住設機器を設置、22畳からなる広々リビングには特注オーダー寸法の高さ2.4mの大きな窓、浴室には大きな窓を設け外部のロケーションを屋内にまんべんなく取り入れる事が可能な設計、光をふんだんに取り込め、夏季は自然の風が隅々まで行き渡り、冬季は外の冷気を完全シャットダウン可能な正圧空間と高断熱の仕様、引き渡し前に東日本大震災を受けましたが、制震装置を導入していた経緯もあり、外装・内装共にひび割れなどの被害が一つも発生しませんでした。(写真の公開報告を予定しておりますが、震災の影響で遅延しております)
Powered by Six Apart