2019年5月27日 (月)

初夏を感じ

異例の5月末の暑さ、なかなかブログのアップもままならない様子に、毎日多忙なスケジュールを送っています、現在加美町内、登米市内に大掛かりなリフォームを進行中で、同時にリフォームの声掛かりが相次ぐ様子、積算の事務処理に追われながら、現場を確認し、現在これから進行する物件のプランニング、公共物件の改修、修繕に他にもドンドン山積にcoldsweats02例年の事ですが、暖かさと共に繁忙期を迎える事態に、欲言えば厳冬期にも工事が行えるようにと思いながら、目の前の事務処理の消化に追われております、自身一人で、営業、企画、設計、監理と全般にこなす姿に、周りからは気の毒な眼差しか、ビックリする眼差しか感心される言葉を頂きながらも、18歳から味わったサラリー社会の厳しい経験の元、大型物件の改修や、大型設備機器の対応、身近な住宅等の、建築士立場の様々な知識と、現場監理経験からくる情報、独学で学んだ営業七変化の重宝振りが功を持し、多方面から声が掛かる毎日に、自分でも感心しておりますcoldsweats01全て、商いを営む立場として、お客様への思いやりと責任感の強さが結果を招いていると信じ、明日も動き周りますdashdashdash

フォトアルバム

カテゴリ

古川モダン住宅

  • 20110224_21
    市内に新築進行中のデザイナーズモダン住宅、白とシルバーの構成でワンポイントに木のアクセントを構成、完全自社設計・施工にて進めております、建築家が奏でるデザインを取り入れ、匠の技とのコラボで演出した建物、昨今のトレンドである片流れに太陽光発電(9.98Kw)搭載し、フロアーヒーティングにはヒートポンプを仕様、建物構造はエアサイクルCOM21の長期優良住宅Ⅱ地域仕様で光熱費ゼロを可能、また、気になる居住空間はダークブラウンとホワイトの基本構成に普段は目に掛かれない、海外流通の住設機器を設置、22畳からなる広々リビングには特注オーダー寸法の高さ2.4mの大きな窓、浴室には大きな窓を設け外部のロケーションを屋内にまんべんなく取り入れる事が可能な設計、光をふんだんに取り込め、夏季は自然の風が隅々まで行き渡り、冬季は外の冷気を完全シャットダウン可能な正圧空間と高断熱の仕様、引き渡し前に東日本大震災を受けましたが、制震装置を導入していた経緯もあり、外装・内装共にひび割れなどの被害が一つも発生しませんでした。(写真の公開報告を予定しておりますが、震災の影響で遅延しております)
Powered by Six Apart