2017年3月22日 (水)

間もなく彼岸も明け

春の彼岸に入り、寒さも少しづつ和らいできている気配に、ホッとする気持ちを感じます、いよいよ、繁忙期に突入する予感、現在市内で進行している改修、新築現場は順調に進み、予定通りの工程で終了の見通し、温かさも感じる様子に、市内で予定している太陽光発電パネルの取付作業が始まります、最大面積搭載で9.97kwの設置です、昨今の電気量値上げで、どうにか採算が取れる状態を確認した上での慎重計画で進めてきました、又、隣の町内では新築の準備を着々と進行し、現在遺跡の試掘調査予定で4月初旬には地鎮祭が執り行われる予定にて、又、市内の外装改修工事も、温かさを感じて、今週末より着手します、温かさの影響で、市内の保温倉庫の動力電源による空調設備取付工事も、いよいよ着工予定にて、リフォーム工事の声掛かりも日々増している傾向で、やはり、事務処理に追われる状態が続いておりますcoldsweats01マイペースの平穏さを望んで毎日、送れる願いが裏目の状態に、やはり、日々は鍛錬の繰り返し様子でしたweep4月からは、今春専門学校を卒業した、新入社員も入社予定で迎え入れる準備と有り、忙しさは輪かけて続きますdashdashdash

フォトアルバム

カテゴリ

古川モダン住宅

  • 20110224_21
    市内に新築進行中のデザイナーズモダン住宅、白とシルバーの構成でワンポイントに木のアクセントを構成、完全自社設計・施工にて進めております、建築家が奏でるデザインを取り入れ、匠の技とのコラボで演出した建物、昨今のトレンドである片流れに太陽光発電(9.98Kw)搭載し、フロアーヒーティングにはヒートポンプを仕様、建物構造はエアサイクルCOM21の長期優良住宅Ⅱ地域仕様で光熱費ゼロを可能、また、気になる居住空間はダークブラウンとホワイトの基本構成に普段は目に掛かれない、海外流通の住設機器を設置、22畳からなる広々リビングには特注オーダー寸法の高さ2.4mの大きな窓、浴室には大きな窓を設け外部のロケーションを屋内にまんべんなく取り入れる事が可能な設計、光をふんだんに取り込め、夏季は自然の風が隅々まで行き渡り、冬季は外の冷気を完全シャットダウン可能な正圧空間と高断熱の仕様、引き渡し前に東日本大震災を受けましたが、制震装置を導入していた経緯もあり、外装・内装共にひび割れなどの被害が一つも発生しませんでした。(写真の公開報告を予定しておりますが、震災の影響で遅延しております)
Powered by Six Apart