2017年9月 9日 (土)

毎日が広範囲に及ぶ移動状態

毎日1時間刻みのスケジュールが続いております、事務所を起点に午前は西の方向へ、午後は東の方向へ、明日午前は南の方向へ、午後は北の方向へとするような状態、毎日新規の声掛かりも有り、不思議な心境で人生を送っております、この春に買い替えたハイブリットカーも、多少の燃費改善により燃料は助かっておりますが、購入して間もなく半年、走行距離は1万5千kmを超えてしまってました、高度な技術を求める現場も多くなり、今日現調した美里町の旧家は、増築の連続で屋根の水勾配が入り乱れている状態に、木造家屋の天敵「湿気」、ここの部分を改善しない事には、土台等の腐食進行が止まりません、改修を考慮するより、不必要な家屋を除去し、出来るだけ風を通すアドバイスをしましたが、気になる工事費用に、これから積算を行う事で、金額を明確に提示し、ベストな環境造りを提案させて頂きます。加美町現場より、色麻の現場へ移動し、その後美里町の現調で、その後に石巻に移動、そんな間にも、仙台市内のRC造の改修している同級生より、介護施設の改修方法の相談を受け、大浴場の防水にホトホト困っている様子、防水処理の手順と、短工期の方法を伝え、流石に現場には迎えない状態なので、電話の口頭でアドバイスさせてもらいました、現在進行している現場全てが、一般の物件に比較し、高度な知識と、経験を要する事態の連発、先月完工した寺社物件の改修完了でホッとしたのもつかの間で、頻繁にホウレンソウの電話が現場より掛かってきます、そんな状況に有りながら、行政より市内の公共の運動施設の改修工事相談も受け、内容がとてつもなく施工判断に高い見識が必要な要素が多いため、苦悩状態に、気持ちを変え来週も多忙スケジュールですが、南仙台の店舗新築工事の設計打合せと、仙台作並のエクステリア工事の現調、鳴子内のリフォーム現場の準備、公営住宅の修繕工事、市内賃貸物件の改修工事の積算作業、まだ他にも山積みの様子sweat02今週には某大手建材販売会社の専務が来社され、来年、市内に住宅のモデル展示場建設の話が浮上し、来春にかけ多忙状態が継続するような様子ですcoldsweats01

フォトアルバム

カテゴリ

古川モダン住宅

  • 20110224_21
    市内に新築進行中のデザイナーズモダン住宅、白とシルバーの構成でワンポイントに木のアクセントを構成、完全自社設計・施工にて進めております、建築家が奏でるデザインを取り入れ、匠の技とのコラボで演出した建物、昨今のトレンドである片流れに太陽光発電(9.98Kw)搭載し、フロアーヒーティングにはヒートポンプを仕様、建物構造はエアサイクルCOM21の長期優良住宅Ⅱ地域仕様で光熱費ゼロを可能、また、気になる居住空間はダークブラウンとホワイトの基本構成に普段は目に掛かれない、海外流通の住設機器を設置、22畳からなる広々リビングには特注オーダー寸法の高さ2.4mの大きな窓、浴室には大きな窓を設け外部のロケーションを屋内にまんべんなく取り入れる事が可能な設計、光をふんだんに取り込め、夏季は自然の風が隅々まで行き渡り、冬季は外の冷気を完全シャットダウン可能な正圧空間と高断熱の仕様、引き渡し前に東日本大震災を受けましたが、制震装置を導入していた経緯もあり、外装・内装共にひび割れなどの被害が一つも発生しませんでした。(写真の公開報告を予定しておりますが、震災の影響で遅延しております)
Powered by Six Apart