2017年5月 3日 (水)

GW突入

カレンダーが一枚めくれ5月へと、過ごしやすい季節になりました、会社の周りの田んぼには水が入り、いよいよ、田植えのシーズン、夕方の夕日に移る田んぼの光景はまさに、普段目にする光景とは違い幻想的な、長年住んでいる地元を忘れ、他の地へと来訪しているような錯覚にもなります、いよいよ、GWに突入しましたが、今日は大安吉日で、市内で建設してきました新築住宅の新宅払いを執り行われました、昨日ハウスクリーニングを終え、全貌を見て頂き、T様ご夫婦より、ご満悦の言葉を頂き、これまで、デザインを駆使する事に、張り詰めていた意識に安堵感が覚える心境に、今年に入り新年早々より、多忙な状態も有り、駆け抜けてきた今日まで、休日を取って休めた日は1月から先月末迄の間で、実質3日shockよく倒れずに今日まで持ちこたえた感心します、この数日の連休中は2日位ゆっくりと出来そうですが、GW明けより再び、多忙な様子になりますが、同業の仲間に圧巻され、労いも受けますが、自分が経験し、突き抜けた未来にこそ、励ましの言葉に重みが芽生える事と感じに、とにかく、進める所まで行きたいとチャレンジの精神で一杯です。

205e9f95

55c099fd 外構工事は、これからですが、住まうには問題が無く、お引き渡しが出来ます。

フォトアルバム

カテゴリ

古川モダン住宅

  • 20110224_21
    市内に新築進行中のデザイナーズモダン住宅、白とシルバーの構成でワンポイントに木のアクセントを構成、完全自社設計・施工にて進めております、建築家が奏でるデザインを取り入れ、匠の技とのコラボで演出した建物、昨今のトレンドである片流れに太陽光発電(9.98Kw)搭載し、フロアーヒーティングにはヒートポンプを仕様、建物構造はエアサイクルCOM21の長期優良住宅Ⅱ地域仕様で光熱費ゼロを可能、また、気になる居住空間はダークブラウンとホワイトの基本構成に普段は目に掛かれない、海外流通の住設機器を設置、22畳からなる広々リビングには特注オーダー寸法の高さ2.4mの大きな窓、浴室には大きな窓を設け外部のロケーションを屋内にまんべんなく取り入れる事が可能な設計、光をふんだんに取り込め、夏季は自然の風が隅々まで行き渡り、冬季は外の冷気を完全シャットダウン可能な正圧空間と高断熱の仕様、引き渡し前に東日本大震災を受けましたが、制震装置を導入していた経緯もあり、外装・内装共にひび割れなどの被害が一つも発生しませんでした。(写真の公開報告を予定しておりますが、震災の影響で遅延しております)
Powered by Six Apart